FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ年代、10年代の若手演出家は誰がイチバンなのか

先日、ふと言ってしまった『ゼロ年代における、演出家四天王を確立するべき』発言から暫く。

よくよく考えてみれば、僕の中で好きな演出家さんは、あの中以外にもいた筈……。

そこで今回は改めて、今後の奇妙作品を引っ張って行ってくれそうな方を、21歳の若造が分析したいと思います!

では、たたみます。個人的に、演出の好きな順番で分析していきます。

ただ、時間がないので、一日で、一人ずつ()

まずは、僕の大好きな演出家さん、都築淳一監督です。






1.都築淳一監督
はい、僕は都築監督ファンです。

ドラマでは『天体観測』『花ざかりの君たちへ』『ジョーカー』など、幅広いジャンルで人気作品を輩出しています。また、『キミ犯人じゃないよね?』という、僕の好きだったドラマでも監督を務めていたことを最近知りました。その作品では、植田泰史監督や岩田和行監督なども参加されております。最近の奇妙作品を代表する面々が監督を務めた作品……眼福ものだったんだなあと今更感じています。

奇妙作品では『誘い水』『不幸せをあなたに』『あなたの物語』『密告ネット』『フラッシュバック』等、ゼロ年代を代表するブラック系作品を多数輩出しております。

都築監督を評すると、音楽の使い方が上手だという印象があります。特に『不幸せをあなたに』『密告ネット』は顕著に表れていると思います。音楽はポップなのに、内容はグロテスク。そのギャップにやられたかと思うと、ずっと恐怖心をあおってくる音楽をぶつけてくることも。メガホンをとった作品の殆どがブラック・恐怖系というところからも、その雰囲気は伝わると思います。

他には、特別にグロイ描写で攻めているわけではないのに、怖がらせてくれたり、ハッとさせてくれる描写が多い気がします。役者さんの演技との相乗効果もあるのか、人間の精神面にスポットを当てた恐怖感を与えてくれるなというのが僕の感想です。

短所は、役者さん次第で演出がかみ合わないことでしょうか。『輪廻の村』なんか、脚本は中村基樹さんが書かれているわけですし、そう面白くない作品にはならないはずでした。しかし、なんとも微妙な評価で終わってしまったのがこの作品。
監督であれば、どの役者さんでも上手くやりくりしてほしいです。

最近の作品は不作なのも気がかりです。『ニュースおじさん、ふたたび』に至っては、これが都築監督の撮った作品なのか……と目を疑いたくなるほどでした。『いじめられっこ』で少しは持ち直しましたが、『採用試験』の焼き直しと言われる始末……。これではいけません。


都築監督に求めることは『感動系の作品を担当すること』です。
実のところ、『8分間』以外は、先程も言ったようにブラック・恐怖系の作品なんです。
落合正幸監督の素晴らしいところは、感動系の作品にも傑作がある事です。
都築監督には、世間を騒がせた『密告ネット』という代表作があるわけです。ならば、今度は感動系でも、同じくらいのヒット作が欲しいところ……。
先日の特別編で、石川淳一監督が『不死身の夫』で急激に株を上げました。
そう、このままでは、都築監督の場所はなくなってしまいます。というか、僕がスタッフなら「石川監督で行こう」と思っちゃいますね。

あとは、半澤律子先生とのコンビネーションをもっと強めてもらいたいです。『フラッシュバック』『缶けり』『いじめられっこ』でタッグを組んだこのお二人。まだまだ上を目指せるはずです。

しばらくお見かけしていない都築監督ですが、今度の新作、再びメガホンを撮られることを楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
プロフィール

ロボ

Author:ロボ
年齢:19歳(大学生)
出身地:大阪
血液型:O型
誕生日:3月31日
趣味:音楽鑑賞(実際はテレビばっか見てゲームばっかしてます)
特技:書道

平凡より少しずれた生活を送っています。マイペースな性格が災いしブログの更新もかなり不定期ですが、よろしくお願いします。

ちなみに、リンクはフリーです。相リンもOKです。よければコメント欄にて、メッセージを残してください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。