FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤巻亮太 TOUR2013 オオカミ青年 in なんばhatch

もうだいぶ前の話ですが。
先週の水曜日、藤巻さんのライブに行ってきました。

イクリプスライブの時、ツアーが発表されて。でも、その時には行く気がありませんでした。
ただ、オオカミ青年のアルバムを聴けば聴くほど、これは行くしかない、そう思いチケットを買ったんです。
まあ、お金がはらはらと舞飛んでいきました。

その日は友人と、ちょっと難波散策に付き合ってもらいました。
レミオファン、ひいては藤巻ファンにもっとアニオタ増えないかな笑
そんなことを思いながら、日本橋でその手のものを漁り、購入したものを友人に持って帰ってもらうという荒業。ライブ終わったら取りに行くわーと言って、友人とは六時頃バイバイ。
途中まで一緒に並んでもらっていました。ひとりぼっちが嫌だから。

正直、人少ないなあと思ってましたw
イクリプスライブの時は、まだこんなにファンは残っていたんだなあとしみじみ思っていましたが、今回は時間を間違ったんじゃないか?と心配する程度には少なかったです。それに、来ているファン層も自分のお母さんあたりの年代が多い印象で。
大学生、オタロードまっしぐらの僕には不似合いなライブ会場だなあ…と思いつつ、開場します。


そういえば。
なんばhatchでは過去に、BONNIE PINK、UNISON SQUARE GARDEN、Do As Infinityのライブを見に行ったこともあります。ボニ子姉さんもユニゾンもずっと聴いては居ましたが、それぞれテイルズとタイバニで完全に動かされたにわか心満載で行きましたwまあ、ユニゾンのライブは多分一生行かないと思います。もっと洗練されたら別ですが。ファンの雰囲気が苦手だし、正直言って田淵さんのツイッターでの発言を凌駕してくれるようなライブではなかったですね。ホント、影ながら応援してただけに、生で聞けたセンチメンタルピリオドも感動せず。
まあ、オリオンはしっかりなぞりましたが。
BONNIE PINKのライブはまた行きたい。ホント、心から楽しめたライブでした。なんだろう、大人のアーティストさんが好きなのか??でもボニ山さんのライブはすごく楽しい。アルバム最近買えてないので買わないと。
DAIは友達に連れてってもらえたら行くかな…?再始動後はあんまり好きな曲がないので。

では、たたみます。セトリ書いてるので注意してください。
①かすみ草

ライブに行く前にやったリフレクの曲でなんかこんな感じなかったか…?というイントロ。名前忘れたけど。
簡単に言ってしまえば、音ゲー曲のような、唸るイントロ。指が自然に動いちゃいそうな、個性的な。
そして、歌唱。
春っぽいワードがあるのに、春景色のようにとげとげしい。いや、春景色以上?
とかく気持ちが悪い。待望のライブ、一曲目。
記念すべき一曲目に持ってくる曲じゃないだろ!そう叫びたい。
演奏が終わっても、呆然としてました。乗りたかったけど、なんか、ヘッドフォンに繋いで何回も聴いていたい。そんな気分。
そして、南風を思い出しました。
あの曲は音ゲー勢にわりと好印象の曲。レミオロメンでもこんな曲書くんだ、と言われたこともありました。
かすみ草、そういうジャンルの人に聴いてもらいたいと、僕は思いました。

5拍子の曲なんて初めて聴いた。

②ハロー流星群
ある意味これが本丸。藤巻さんソロについて行こうと思えたのは、この曲と月食があったから。
イントロが鳴った瞬間、周囲の雰囲気も「待ってました!」と言わんばかりに上がっていきました。
それにしても、歌が上手くなったなあという印象があります。
初レミオはクロマツアーの大阪城だったのですが、やはり歌はそんなに上手くないなあという感想があったので。
これからライブするとき、この曲は定番になりそうな予感。

③ベテルギウス
アルバムでもこの流れは鉄板。決して飛ばすことなく聴き続けたこともあって、すんなりと入り込めました。
ライブの方が好きな曲。もちろんCDのも好きですけど、ライブの時のロック感が堪らないです。
ただ、かすみショックが強いのか、ハロー流星群で昂ったせいか、あんまりはっきりとは覚えてないです。

④ひとりぼっち
ひとりぼっちは寂しいもんな…っ。
この曲を聴くと、なんか元気づけられてるのか、寂しくされられるのかわからないです。
でも、ライブ会場で聴くと、ひとりじゃないなと思える、謎の応援ソングです。それに、今の藤巻さんはひとりぼっちじゃないから。

〔MC〕
年末年始はかすみ草に時間を取られていたとか。
いやま、もっとゆっくり作っても良いんだぞ!いや、今日届けてくれてありがとう!
ファンの心の声は、なんかそんな感じだと思います笑
まあ、正直イクリプスライブの時の「ラッキー」「Happy Birthday」を聴いた時?「大丈夫か?」という懸念はあったので、このライブ次第ではすっぱり諦めて秦基博さんを追いかけようと思っていたので。
かすみ草のせいでこの一年もあなたに捧げることにしました。

かすみ草、音源化されて、何かのタイアップにでもしたら売れそうな気がするなあ、テイルズとかテイルズとかテイルズとか()

⑤指先
ちょっとチューニングが最初わちゃついてた気がしましたが。
この曲も早い音源化を希望。「指先/かすみ草」のダブルA面とかどうですか。
ホント、ユアソンが酷いわけじゃないんですけど、こういう曲が書けておおっぴらに展開したのが何でユアソンだったのかなあという不信感は正直在ります。
前田さんは指先から零れ落ちてったけど、田中さんが今は藤巻さんをめっちゃ支えてくれてるみたいなので、今度は指先から零さないようにしてほしいです。
ドラマのタイアップ来い…!

⑥twilight
思い出のドアを閉めて、そっと家を出たら、すごく清々しく演奏されてるじゃないですか。歌われているじゃないですか。
別にバラードとか、しっとり系のナンバーが嫌だったわけじゃなくて、歌詞なんです。
花鳥風月以降は、どうもわかりやすい歌詞が多かった。
藤巻さんにケータイ小説やライトノベルみたいな読みやすさの歌詞を求めてなんかいないんですわ。
世間的には文学的と評されるミスチルの桜井さんや、バンプの藤原さんとはちょっと違う、でも、この二方とは違う面白い歌詞を書くのが、藤巻亮太って人だと思うのです。
そして、文学的な歌詞を書くアーティストはと言われたら、僕は藤巻亮太を推します。
歌詞の大切さを強く感じるこの曲。泣きそうになります。

⑦四季追い歌
会場が完全に聴きモード。
「泣くもんか、負けるもんか、夢ならばここにあるだろう」
しっとり系の曲でありながら、どうして少年向けアニメのOPで叫んでそうな歌詞が飛び出んだよ…っ!
この辺りはホント、ライブ来てるってことを忘れちゃいます。

⑧月食
もし「今日のライブはここで終わりです」って言われても、月食で終わったら、それはそれでいいかなって思っちゃいます。
それくらい、この曲は素晴らしい。本当に素晴らしい。
藤巻亮太という宇宙に放り出されて、気付いたら「太陽どこ行った」って。
僕にとっての太陽は貴方なので、貴方が迷ったら僕も迷います。
本当にこのダークさ、堪らない。

⑨音の花
新曲。月食の後ということであんまり覚えてないや…。

⑩Happy Birthday
これも新曲。指先と比べたらあんまりしっくり来ない。
正直、藤巻曲の捨て曲筆頭はこれかも知れない。

〔MC〕
各所スレで言われてる、なんばのノリの悪さ。
僕自身、なぜか乗り切れない雰囲気があったのは事実ですが。
個人的に、この時もかすみ草が頭の中に残ってて、必死にメロディを思い出そうとしていました。
ごめん藤巻さん。僕は声を出せる度胸を持ち合わせていなかったんだ。

⑪パーティーサイズ
しっとりした雰囲気がここでぐんと盛り上がりムードに。
明日に架かる橋ポジションで、ライブではいっつも歌ってくれそう。
こういう曲がアルバムに一曲でもあると、バランスが良くなるんだろうか。

⑫ラッキー(Lucky)
ラッキーラッキー生きてりゃラッキー☆
「運も貯めなきゃ」そんなこと考えたことなかったよ。
二回目を聴いて、すごく良い曲だと思えたので、音源化してほしいなと思いました。

⑬キャッチ&ボール
またロックが息を吹き返してきた。
すっかりおなじみの曲となりつつありそうだけど、ハロー流星群やBeautiful dayに押されたうえでかすみ草が来襲して来たら、この曲はライブで歌ってもらえるだろうか。ライブ中は盛り上がって飛び跳ねてましたが、帰る電車の中でしみじみそんなことを思いました。

⑭Beautiful day
ロック。ライブで聴くとよりその激しさがわかる。
大阪医専のCMだけではきっとわからないこの曲の良さ。
かすみ草やハロー流星群でも言えることかなあとは思ったんですが、藤巻曲はサブカルとの親和性も図れると思うのでそっち系とタイアップして行ってほしいなとは思います。
正直言って、藤巻さんの歌詞を理解してくれる層と、レミオ時代に獲得しようとしたファンの層は違うと思うなあ。
「味のないスピードのままビルからビルへと消えてしまった」一過性のファンたちにアプローチするよりは絶対。

⑮それぞれの太陽と宇宙
歌い慣れてなかったのかちょっと印象に残らず。
ソニー系のアーティストだったら今頃宇宙兄弟のEDにでもなってそうな、そんな感じです。

〔MC〕
去年はせめぎ合ってたって話をしていたおおかみとひつじさん。
今はおおかみモードらしいので、一安心。ひつじになっても良いけど、せめてセールスが軌道に乗るまでは傷だらけになっても突っ走ってもらわないと。
いや、あんまり思いつめられてまた月食みたいなことは起きてほしくないので程よく頑張ってください。

⑯オオカミ青年
この曲を聴きに来たと言っても過言ではありません。
ライブも大分後半になって、声も心配な中、オオカミは叫んでいました。
ソロになって、シングルのセールスが振るわない中リリースされたアルバム。
まあ、これもそんなに売れていた感じはしませんでした。ただ、セールス以上の価値があったことは事実。
光をあつめてだけで終わるかもしれない、そんな不安を斬り裂いて届けられた血と汗の結晶。
「情熱だけでドアは開くか」
いいえ、開かないよ。藤巻さんがそう言ってそうで、なんか泣きそうになりました。
月食よりパーソナルな気が、聴きこめば聴きこむほどしてきます。

⑰光をあつめて
最初聴いた時、もうレミオ、ひいては藤巻亮太の音楽を聴かないと決めた自分を殺してやりたい。
それくらい、好きな曲です。
藤巻さんが被災地を何度も訪れていたことなど知る由もなく、サカナクションやユニゾンに浮気していたあの頃。
一年経って、ユニゾンが脱落し、BUMPからも離れることを考え始めた中、藤巻亮太は戻ってきました。
そして、このままライブが終わってしまうんだなあという寂しさ。辛い。

―アンコール―
⑱砂時計
いつまで待たせんだよ!!この曲も聴きたかったんです!!
まあ、アルバム曲より月食の方の砂時計をずっと聴いているので、藤巻さんの声とアコギが奏でる世界にうっとり。

〔MC〕
みんなのおおかみに、一枚()
金欠大学生なので、タオルが精一杯でした……。おばさまが何着も買ってくれればいいんだ!(他人事)

⑲シーズンドライブ
声がそろそろやばくなってきた雰囲気。
そしてシーズンドライブがそんなに好きじゃない僕はそれほど乗り切れず。

〔MC〕
ついに終わり。新曲発表で、これまた周囲のざわつきが。
なんばは、終始ざわついてばかりだったなあ。

⑳8分前の僕等
また宇宙キター!
ホント、藤巻曲はバンプもびっくりの天体マニアですな。
歌詞が好みそう、もう一回聴きたい。


感想としては、バラエティに富んだ藤巻曲を聴けてよかった、というものです。
ただ、かすみ草。お前がなんか全部を狂わせていった。
ライブ行った人はわかると思います。
なんかきたー!
そう言いたくなる気持ちを。
そして、一曲一曲が繋がっている気がします。
「情熱だけではドアは開かないけど、運を貯めといたらそれ使えるよ。ただその時零れ落ちていくものがあるから、気を付けて」
そう、言われている気が。
オオカミ青年を経て、藤巻亮太第2章はラッキーや指先を軸に回っていきそうな気がします。
イクリプスライブからあった新曲というのもありますが、この二曲を軸に、キモメロ枠のかすみ草と宇宙シリーズが中心になっていきそうな気がします。

あと、マジかすみ草は早く音源化して、ハロー流星群と一緒に音ゲー界隈に放り投げてほしい。
南風で出来たことが、この二曲で出来ない筈がない。
もっと刺激のある、若いファンが増えてほしい。
そのためには、南風がじわじわ支持を得ていたあの頃を思い出してほしい。
勝手に想ってます。藤巻曲で、指したい。


読みづらい文章を長々失礼しました。
早くリリース情報解禁されないかなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
プロフィール

ロボ

Author:ロボ
年齢:19歳(大学生)
出身地:大阪
血液型:O型
誕生日:3月31日
趣味:音楽鑑賞(実際はテレビばっか見てゲームばっかしてます)
特技:書道

平凡より少しずれた生活を送っています。マイペースな性格が災いしブログの更新もかなり不定期ですが、よろしくお願いします。

ちなみに、リンクはフリーです。相リンもOKです。よければコメント欄にて、メッセージを残してください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。