スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『最高に狂っていた世界』が終わったような気がした。(ダンガンロンパV3のプレイ感想/ネタバレ有)

さっそくですが、ネタバレあるので気をつけてください。
たたみます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ダンガンロンパ
ジャンル : ゲーム

世にも奇妙な物語の考察 現在の脚本家陣について

お疲れ様です。先日25周年の春特番も終わり、落ち着いた雰囲気となりました。

ここで、大分前に言っていた「脚本家」への考察を記していきます。
今までの記事が長かったことを考えて、まとめて行こうと思います。


(対象は10年代以降の作品を2作品以上担当した方に限定します)


1:高山直也さん(6作)
『不死身の夫』『階段の花子』『復讐病棟』『走る取的』『面』『蟲たちの家』

10年代で一番多く脚本を担当されたのは、なんと大ベテランのさん。
2013年春の『不死身の夫』『階段の花子』で久しぶりに脚本を書かれてからはほぼ毎回参加されています。

10年代の鬼門は「ブラック・恐怖系」のクオリティ。新しい脚本家さんが現れては、消えていくを繰り返していた奇妙な世界に戻ってきた巨匠は、安定感抜群。ゼロ年代後期の水準までクオリティを立て直した立役者といっても過言ではないでしょう。
この中でオリジナルは『不死身の夫』のみで、他は全て原作付き。原作の良さを残しながら奇妙な世界を創り上げていく手腕にこれからも頼りたい……ところですが。

新しい奇妙な世界へ行くためにも、若手クリエイターの奮起が急務です。


2:正岡謙一郎さん(4作) 
『まる子に会える街』『厭な扉』『ドッキリチューブ』『スウィート・メモリー』
ここからが本格的な考察となりそうですね。
トップバッターは正岡謙一郎さん。『まる子に会える街』から参加されている脚本家さんで、ブラック・サスペンス系が中心の作家さんです。

正岡さんの特徴は……正直ないですね。原作付きが殆どで、オリジナルである『スウィート・メモリー』もごく一般的なストーカー物を飛び越えて来ない印象で、ファンの方の印象もあまり良くないかなあと。
かといって、とびきり面白くないということはないので、もう少し「奇妙でしか見れない」世界観を作り込んでほしいなと思います。


3:ふじきみつ彦さん(4作)
『通算』『JANKEN』『7歳になったら』『自分を信じた男』
正岡さんと同じ作品数参加されているふじきさん。Eテレで放送されている「みいつけた!」の放送作家さんとして有名な方です。

奇妙ではシュール系が多く、『通算』『自分を信じた男』は好評でした。特に『自分を信じた男』では、初期の奇妙を彷彿とさせる物語で、うなったファンも多いのでは?
若手脚本家の中では担当数も多いため、今後も期待したい方の一人です。
あとは、『7歳になったら』のようなブラック系の作品を担当出来たら、と思います。そして、シュール系の中ではかなりハイレベルな脚本家の方が他にいらっしゃるので、負けないように頑張ってほしいですね。


4:小峯裕之さん(3作
『ベビートークA錠』『試着室』『ラスト・シネマ』
若手脚本家の方の中ではホッとする話が多い印象の小峯さん。全て女性主演の話で、いつ見ても「男の人が書いてるんだなあ……」と感じます。

『ベビートークA錠』はファンからこそ不評も多かったですが、子供を持つお母さん世代に共感された作品でもあり、ただただブラックに走らないという点では好感を持てる脚本家さんです。下手したら『ベビートークA錠』『ラスト・シネマ』はブラック物に転んでいたかもしれませんからね。

ただ、奇妙ファンからの評判はまだまだなので、次回はぞくっとさせるような作品を楽しみにしたいですね。


5:和田清人さん(3作)
『相席の恋人』『仮婚』『ある日、爆弾がおちて来て』
奇妙作品の恋愛作品にかかわりの深い若手脚本家さんです。賛否両論あったものもありますが、最近の中では反響の多かった作品を担当されているところから、注目度も高めです。

和田さんはファンのツボを押さえているなあという印象です。特に『仮婚』はラストのオチがちょっぴりブラックで、ただただ恋愛ものが得意なだけでない部分も見せてくれました。
本当にありそうな事をしっかり書けている点で、今後の中心となってほしいですね。その際はブラック系の名作を期待しています。


6:金子茂樹さん(2作)
『はじめの一歩』『殺意取扱説明書』
10年・秋の特番のみ参加でしたが、今年の秋も考慮して書かせていただきました。
最近では『きょうは会社休みます。』で売れっ子作家さんの仲間入りを果たしましたね。

どちらも原作付きなので難しいところですが、イメージとしては無難にまとめる力はあると思っています。少なくとも、他の若手の方よりは、原作付きであれば安心して見れるでしょう。
かといって、金子さんもこれといって特徴を感じる点がないので、何かファンがうなる武器を持ってほしいところです。


7:半澤律子さん(2作)
『缶けり』『いじめられっこ』
最近の女性脚本家陣の中では評判の悪くない方で、ホラーやブラックを担当されています。

半澤さんは女性らしい目線で、緊張感のある内容を書かれている印象です。かつては『越境』にて脚本に参加され、壮大なスケールを上手にまとめてらしたなと思っています。
新たに呼ぶくらいなら、半澤さんが担当された方がファンも印象が良いんじゃないかと思います笑
秋のリメイクでは参加してもらいたい方の一人です。


8:森ハヤシさん(2作)
『耳かき』『AIRドクター』
シュールコメディと言えばこの人。鈴木雅之さんとのタッグでファンからも愛されている脚本家さんです。

テンポ、台詞のチョイス、設定など、ファンのハートをつかむのが凄く上手な方だなあと思っています。
原作の料理も上手で、ベテランの脚本家さんより、森さんの新しい視点から繰り広げられる奇妙を見てみたいというのが本音だったり……。

秋は『ズンドコベロンチョ』や『BLACK ROOM』など、かつてファンをうならせたコメディ系のリメイクが間違いなくある筈なので、その時は参加してほしい所です。


9:ブラジリィー・アン・山田さん(2作)
『ワタ毛男』『石油が出た』
名前が特徴的ですが、作品も特徴的な脚本家さんです。

『ワタ毛男』は暗黒期の中で唯一の希望と言っても良い傑作であり、その後が期待されましたが、『石油が出た』は期待度を下げてしまう結果となり、以降はお見かけしていません。

ふじきさん・森さん・ブラジリィーさんとシュールコメディの得意な方が多い中で、インパクトに関しては恐らく一番のものを持っていると思います。今後の活躍も是非期待したいですね。


10:北川亜矢子さん(2作)
『蛇口』『0.03フレームの女』
半澤さんに並ぶ2作品と、精力的に参加されている女性脚本家さん。こちらもブラック・ホラーを担当されました。

原作付きと難しいところはありましたが、共にファンからはあまり支持されなかった作品であり、なかなか印象にないのが本当のところ。そして、共に演出陣が批評を喰らいましたが、今思うと脚本がなあ……と思わざるを得ませんよね。

中々次を期待するのは難しいかもしれませんが、奇妙な世界には同じ苗字の名作家さんがいらっしゃるので、負けてほしくないですね。


他にも、『ヘイトウイルス』を担当された黒岩勉さんは是非参加してもらいたい方の一人ですが、1作品のみなのでここでは割愛させていただきます。

どうでしたか?
思ったより、高山さんの力はすごかったですね。
これからの奇妙を支えるのは、高山さんもですが、若手の方であってほしいのも事実。
秋に向けて、色々楽しみですね~。、

世にも奇妙な物語 25周年春の特別編

こんばんは。
昨日は世にも奇妙な物語の新作が放映されました。
一日たって冷静になった頭で、感想をまとめていきたいと思います。

続きを読む

「風立ちぬ」を見て感じたこと

期待一杯で見た「風立ちぬ」。
それを見終わった後の純粋な感想を記しておかねばと思い、ここに書こうと思います。

畳みますね。

続きを読む

レミオロメン・藤巻亮太の魅力について

最近はずっと「世にも奇妙な物語」についての話が多かったんですけど、他にも好きなものはたくさんあって。
特に音楽は、人生に影響を与えてくれている媒体の一つ。

何でこの記事が書きたくなったかというと、去年の12月に、レミオロメンのボーカル・藤巻亮太さんが「ing」というシングルをリリースしたんですよ。2年ぶりに。

2年前に「オオカミ青年」というアルバムを出して、ツアーもやって、それからずっと、音沙汰なし。新曲はライブで披露してたみたいですけど。「オオカミ青年」の時は藤巻さんの内面が現れていて、すごく刺激的な名盤に出会えたって思ってたんですけど、そっから某アルピニストさんとひたすら山登ってたりして。ファンを忘れんなよと笑
ただ、去年レーベルが変わって、レミオロメンがメジャーデビューした時のスピードスターレコードに戻って、学園祭とかも行って、やっと活動し始めたなあという中のシングル。売り上げは全然良くなかったみたいだけど。

あの悲惨な枚数を見ると、ファンとしてはショックですよ。デビュー曲の雨上がりなんて、wikiで調べたら2万枚も売れてると知って。今や10分の1ですよ。
だから、「ここにもファンがいるぞ!」って言わなきゃなって思ったんです笑 配信リリースした「アメンボ」もダウンロードしたし、しっかり売り上げに貢献したうえで、ここにファンはまだ居るから頑張って歌ってくれよ!っていう、そのための記事にしたくて、書いてるんです。



●共感の先へ連れて行ってくれる
僕とレミオロメンの出会いは「蒼の世界」です。ラジオを聴きはじめたのがそのくらいで、良い曲だなあと思って聴いてたのがレミオロメンだったという。でも、すぐに「粉雪」が発表されて、「3月9日」なんかも一緒に話題になって、気付いたらレミオロメンは人気ロックバンドだったんです。だから、僕は「粉雪で有名になった人気ロックバンド」のレミオロメンから、ファンの歩みを始めて行ったんです。
アルバム「HORIZON」を買って驚いたのが「プログラム」「シフト」のようなロック色の強い曲の存在でした。こんな曲も歌うんだなと思うだけではなくて、むしろこっちの方が良いなと思って。で、「茜空」がリリースされた時なんか、ラジオにずっと耳を傾けながら高校受験の勉強してた思い出があって。苦しいときに寄り添ってくれてたのは、間違いなくレミオロメンだったんです。

僕にとって印象深い曲は、まず「永遠と一瞬」。
高校に入って、テストが全然解けなくなって、初めての挫折を味わった時、「ether[エーテル]」を買ったんです。
で、そこに入ってた「永遠と一瞬」を聴いた時、泣きました。大泣きでした。

『希望の色は空色 見上げるけど飛べないまま
僕は僕だよと呟けば
ありのままでいることはこれほど難しい』

サビがね、上手く説明できないんですけど、ホント思春期の中、青春の中で苦しんでいる僕を救ってくれました。何度も何度も。
今はね、ありのままが良いらしいんですけど、そうなんですよ。自分の姿で居ることはとても難しくて、希望は目の前に広がっているはずなのに、前に踏み出していけない。そんな時期にこの曲を聴いて、励みにしていました。
ちょうどその頃はRADWIMPSとか、UVERworldあたりがグイグイ来てて、レミオロメンは若干時の人になってて。
しかも、ロキノン系の友達はアジカンの方が良いって言うしね。僕はアジカンの音楽はあまり好きじゃなかったんですけど(後で言います)。

で、そんな「永遠と一瞬」に負けない曲が、「アイランド」でした。

『遠い記憶の太陽が僕の心に入り込むことはなくて
瞳を閉じて 時は止まらず 人は変われない』

もがいている時って、みんなこんな感じだと思うんです。自分には絶望しかなくて、変わることなど出来ないんだなという。でも何回も聴いていくと、何かが見えて来るんじゃないかという微かな希望みたいなものはあって。すごく不思議な曲でした。他にもいい曲は沢山あるんですけど、この2曲は群を抜いて良かったなあと。
今でも元気が欲しいときは聴きます。

ここ数年で音楽のトレンドは一気に変わってるみたいで、一時期はボカロが凄かったイメージだけど、今はそうでもないみたいで。でも、2,3コ下の後輩たちのトレンドはボカロなのかなとは思ったりします。
カラオケでも歌ってるのを聴いて、その歌詞を見ながら、どの曲も思春期の、もやっとした感情を現しているものが多くて、一回聴くと良い曲だなと思うんです。
で、家帰って調べて聴くと、それでいいかなって感じで。
「共感」みたいなものは出来るんです。そういう、ドロッとした曲って。でも、共感の先に僕は行けなくて、それでもう聴かなくていいかなって思ったんです。

レミオロメンが、もっというと藤巻さんの詞が好きな理由は、共感の先へ連れて行ってくれることなんです。「永遠の一瞬」「アイランド」に限らず、レミオロメン・藤巻亮太という人の音楽は、鬱屈した感情を膨らませたり消し去ったりというよりは、その感情は持っていて当たり前だから、違う考え方をして生きていかないかいという、ある種の応援歌っぽいところがあるんじゃないかなって思うんですよ。だから、「太陽の下」「光をあつめて」みたいな曲も書けるんだろうなと思うんです。



●無心で聴いていられる
レミオロメンと同じ時期にデビューしたのがASIAN KUNG-FU GENERATIONだと聞いています。
結構比べられることも多かったみたいですけど、アジカンはレミオに比べるとコンスタントにヒット作を生み出して、固いファン層を掴んでた気がします。
「マジックディスク」を借りた時に、アジカンって結構面白い曲を作るんだなあと思っていましたが、その後の「ランドマーク」で方向性の違いを悟りました。あ、こいつ嫌な匂いがする…と笑

調べて行けば、昔から社会批判の多いバンド(というよりゴッチがそういう考え方?)らしくて、「ワールド ワールド ワールド」の時も同時多発テロへのメッセージがあったとか。あと、「それでは、また明日」が震災当時の行政批判だとも聞いています(PVがコロコロ総理大臣の変わる事への風刺だとか)。
ただ、結局ゴッチの言ってることがよくわかんなくて。

だから、ツイッターとかで呟いてて、それに何も勉強してないのに「ゴッチの言ってることは正しい」とか言ってる人を見ると、勉強しろよって言いたくなるわけですよ。ゴッチだって自分の言ってることをそのまま鵜呑みにされることを望んでないと思うんですよね。考えたうえで、現実を知ろってことだと思うんですけど。

ただ、僕はあんまり音楽を聴く上でこういうこと考え始めると頭痛くなっちゃうんですよ。でも、最近のバンドは皆意識高くて、わりと行政批判をさらっと入れて「俺たちで世界を変えて行こうぜ」みたいな感じで。
ならさっさと政治家になれよみたいな。歌ってるだけで世界は変わんねえよ。そういうこと言うのはサンボマスターだけにしろ、みたいな。関係ないけどサンボマスターも最近好きです笑

となると、レミオロメンってあんまりそう言うこと考えなくても良いんです。むしろ、良い意味で考えさせてくれる。同時多発テロを踏まえて作った「太陽の下」や、震災のことを踏まえて誕生した「光をあつめて」に、誰かを責めたてるような言葉はないし、だけど、これはすごく重要な問題なんだってことを知らしめてくれる、そんな想いが確かに、詰まっているんです。曲の中に。

そんな、藤巻亮太という人の音楽が全然売れない。このままでは一度共感お化けに支配された藤巻さんが、社会風刺をしかねないので、やめていただきたい。そんなメッセージもあるのです笑


今年はアルバムをリリースしてくれるらしいですが、基本は信用しません。変に期待して無かったら嫌ですから。「指先」「ラッキー」「かすみ草」を早く音源化して聴きたい。それを願うばかりなんです。
新年一回目の更新でした。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター
プロフィール

ロボ

Author:ロボ
年齢:19歳(大学生)
出身地:大阪
血液型:O型
誕生日:3月31日
趣味:音楽鑑賞(実際はテレビばっか見てゲームばっかしてます)
特技:書道

平凡より少しずれた生活を送っています。マイペースな性格が災いしブログの更新もかなり不定期ですが、よろしくお願いします。

ちなみに、リンクはフリーです。相リンもOKです。よければコメント欄にて、メッセージを残してください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。